資産活用

空き家は遊休資産。家は人が活用しなければ、どんどん朽ちていきます。
今、空き家の活用し、収益を生み出す方法として、ALL・INは二つの方法をご提案しています。

「賃貸」と「民泊」です。

「賃貸」には住居として貸し出す場合と店舗として貸し出す場合があります。
「民泊」は外国人観光客の宿泊施設として地域の観光振興に貢献するビジネスになります。

オーナー様にとって、それぞれの利点・課題です。
  利点 課題
賃貸
  • 借り手がいる間、収益は一定
  • 借り手が特定
  • 家具類の用意が不要
  • 光熱費は使う借り手が払う
  • 近年は家賃が下がる傾向にあり、借り手を探すのが難しくなっている。
  • 収益性が低い。
  • 借り手がない場合、長期間無収益
  • 借り手が出ていくまで部屋の状況は分からない。
  • 借り手が出ていった後の部屋の修繕に費用がかかる。
民泊
  • 賃貸よりも収益性は高い。2倍から5倍。
  • ゲストがチェックアウトするたびに大掃除が入るので、資産の状態が常に良い状態。
  • スタートした後は修繕などで一時的に大きな費用は掛かりにくい。
  • これから発展していく市場である。
  • 様々な国からゲストを迎える楽しみがある。
  • 不特定多数の人が利用。
  • 地域住民の理解が必要。
  • 家具やリネン類の購入設置など、スタート時に賃貸よりも必要経費がかかる。
  • 季節的変動のある稼働率によって収益性は一定ではない。
  • 「民泊新法」に従って経営することになる。

空き家のご活用のご相談は、ぜひ弊社へ!

  • オール・インの注文住宅・分譲物件について