ECOS(エコス)の家

年中快適な空間+高い省エネ性能=ECOSの家

家の構造を単純に二分割すると、家を支える「基礎」と人の住空間である「家屋」になります。一般的に家の快適性能は、基礎の上にある家屋の「高気密」「高断熱」を向上することで図ってきました。私たちは、基礎も住空間の一部ととらえ、基礎と家屋を一体として「高気密」「高断熱」を、さらに高いレベルで実現しています。これが、私たちが開発した「ECOSの家」の特徴です。

図1
図1:従来の高気密・高断熱の家基礎の上に建つ「家屋」だけを「住空間」ととらえて様々な技術が設定されています。主なものに、高性能の断熱材、窓に複層ガラスや樹脂サッシを採用、24時間全熱交換型システムの設置などです。また、オプションとして床暖房を採用することで快適性を高めています。
図2
図2:ECOSの家「家屋」部分だけでなく、「基礎」部分まで住空間の一部ととらえて機密性能、断熱性能を高めたことで、他にない低コスト・高次元の「高気密」「高断熱」を可能にしました。基礎部分が高気密を実現したことで、熱のロス、熱の侵入が大幅に低減。冬は床暖房が不要、夏はエアコンの使用時間がさらに短くなります。

光熱費をぐっと抑えて年中快適

基礎部分への外気(暖気、寒気、湿気)の侵入を制御することで、1階での暮らしはとても快適になります。冬、床暖房設備がなくても足元が冷えることはありません。夏は床が涼しく、ごろっと寝転がりたくなるほど快適に保たれます。“光熱費をぐっと抑えて年中快適”の理想を、建築コストを抑えて実現したのがECOSの家です。もちろん、白アリの発生なども抑制し、家の健康寿命が長くなります。

トピックス

施工例

  • バス・トイレバス・トイレ
  • 吹き抜け吹き抜け
  • 玄関玄関
  • キッチンキッチン
  • リビング・ダイニングリビング・ダイニング
  • 寝室・個人部屋寝室・個人部屋
  • 和室和室
  • ウォークインクロゼットウォークインクロゼット
  • オール・インの注文住宅・分譲物件について